にぎにぎ体操

写真で見るにぎにぎ体操

 
寝位(仰臥位)
お年寄りや低体力者が安全に、寝たままできる体操です。
それぞれ10〜20回、思いついた時に、体調に合わせて無理のない範囲でやってみましょう。

☆ポイント

  • 力を込めてしっかりとにぎにぎを握り締め、常に手首をやや内側に向けたまま。

  • おなかと腰に力を入れ、背筋をまっすぐのばして。

  • 動きをとめないようにして、ひじやひざが伸びきる手前で反復する。(10.11は例外)

1.

あお向けでにぎってごらんを握りしめて、手首を内側に巻き込んだまま、ひじを曲げて胸の脇あたりに構え、真上に押し上げ、ゆっくり引き下ろします。

両手同時に押し上げ、下げしても左右交互でもOK。

2.

両手ににぎってごらんを握りしめ、胸の上で平行に構えます。

ひじを床から少し持ち上げた状態で維持します。手首を内側に巻き込んだまま、胸を開くような気持ちでダンベルを左右に開き、ゆっくり閉じます。

寝位−5.jpg

3.

背筋と首をまっすぐ伸ばしたまま上体を前に傾ける。前傾姿勢を保ちながら、ひじを張るようにして、両手にもった“にぎってごらん”があごにつくくらいの位置までゆっくりと引き上げ、また力を込めてゆっくりと押し下げる。

自転車タイヤに空気入れを押すような要領で行う。

☆肩、胸の筋肉が刺激され、二の腕の引き締めにも効果。

“にぎってごらん”2個の場合

4.

両手ににぎってごらんを握りしめ、左右交互に曲げ伸ばしします。

●起き上がれない人でも、ベッドの上で寝ながら出来る体操です。

筋肉を使わないとすぐに弱ってしまいます。

無理ない範囲で筋肉の衰えを抑えましょう。

寝たままで にぎにぎ体操

寝位(仰臥位)